nexgim

【NEXGIM MG03】我々における三位一体の理念は何か

2022/04/20
Nexgim フィットネス フィットネスバイク

|背景:

コロナ下の日本において、家庭フィットネスブームが巻き起こす。

|顧客層:

・サラリーマン

・家庭主婦

・オタク男女

・健康維持が必要な高齢者(関節疾患や高血圧などの潜在的な運動リスクを伴わない場合)。

・家にいても健康を維持する必要がある若者(日本学生の運動ニーズによる)

 

|運動レベルの基礎理論:

 

ACSMが推奨する身体活動に関するガイドライン:

健康な成人(18~64歳):

中強度の有酸素運動を週150分、または高強度の有酸素運動を週75分程度、またはその両方を組み合わせて行うこと。

-強度は様々な方法で計算することができます。 心拍数、パワーなどども可能です。

有酸素運動は、連続的に行うのもよしが、一日中何回をし、一回10分間以上を保証の上で複数積み重ねることもできます。

2020年版身体活動指針から、運動の最小有効量を10分とする勧告が削除されましたが、 10 分は、運動効果が最低限得られる推奨運動時間として、現在も安全で信頼性の高い単位です。

2020年版の提言では、長さに関係なく「座っているより動いているだけでいい」。 これをキャッチフレーズにして、多くのユーザーの運動意欲を高めることができるのです。

妊娠中の女性、青少年、慢性疾患を持つ人、高齢者など、特定のグループに対する運動の推奨事項があります。

「長く座って動かない」は、既に国際的な健康調査において、喫煙や飲酒と同レベルの安全リスクとして位置づけられています。

 

|運動のアドヒアランス

 

アメリカの統計によると:

3ヶ月間継続した人の運動習慣形成の成功率は75%です。

6ヶ月続けられた場合は、99%。

 

|運動へのモチベーション

(運動の持続性を意志の力に帰することは理論的に間違っており、現実的には非効率で有害でさえあります。 意志の力は、物理的なエネルギーと同じように、非常に限られています。 これは、忙しい一日を過ごした人に、家に帰っても気を粘って、運動しろというのは基本的に無理だということてす。)

 

・体に対する自尊心

・体重管理

・社交的帰属

・健康増進

・ストレス管理

・競争・自我へのコントロール

 

インテリジェントフィットネス機器の捉え方:

・IOTロボティクスをコア技術としたロジックで設計されており、ハードウェアとソフトウェアが一体となり、データアルゴリズムの即時最適化との組み合わせで作成されています。

・私たちがフィットネスバイクの「インテリジェント」に対する定義は:三位一体、楽な使い。

 

|三位一体というのは:

 

フィットネスバイク「パワーバイク」の専門アカウントを作成して 。

ユーザーは自分のftp値を測って、現段階の個人の運動能力を評価することができます。

ユーザーが特定なコースを選んでトレーニングする場合、個人の運動能力に合わせたトレーニングコースを配置してくれます。

コースは実際、ftpの割合から各時点でのトレーニングの強度を定義したテンプレートである。故に直接使用することはできません。

特定のユーザー ftp 値を取得する場合、コーステンプレート+ユーザーご自身の ftp 値と合わせてこそ、実際に実用化する目標パワー値を算出することができます。

この計算はサーバーではなく、クライアント側で行われるものです。 というのも、これからのあらゆる強度設計では、ユーザーは現在のftpを持っていますが、各特定レッスンの時点では、まだ運動状態が不明なので、レッスン中に強度を調整する必要がある場合があります。 この強度調整は、現在の負荷値ではなく、コース全体の負荷曲線の調整です。

そのため、各コースはユーザーごとに異なる固有のものとなっています。 その結果、一人ひとりに合わせたパーソナライズされたコースになります。

 

コースでリアルタイムに生成される減衰制御コマンドに基づき、フィットネスバイクの減衰コントローラがさらに制御を重ね、結果としてユーザーが感じる物理的な抵抗感を表現します。

 この制御は現在、応答スピード100ミリ秒、抵抗調整0.5Nmを単位とし、パワー精度は+-10%で計算されており、室内フィットネスバイク/エアロバイクという領域内では比較的優秀であるが、プロレベルの自転車トレーニング機器にはまだ遠く、プロ機器と並べて比較することはできません。

 

我々の現在のベンチマークに利用できるパワーテスト機器は、パワー精度が+-1%、Zwiftゲームの公式認定条件は+-3%ですが、しかし基準を満たさない機器の利用も禁止されてません。 現在のプロの機器には、50msの検出応答を実現するものが多数あります。

パワー精度±10%は、en20957のAクラスの規格です。 しかし、この規格はエアロバイク/フィットネスバイクを対象としたもので、この種の機器には電磁制御製品が多く、機器の形態が不揃いで制御精度の要求も低く、プロのサイクリングトレーニング機器は全く同じレベルではありません。

ユーザーの運動は「足りる、保つ、過ぎず」のフィットネスターゲットをたどり着きます。

 

我々は最初のフィットネスバイクのデザインでは、エアロバイクが一般に使われているデッドフライの構造の短所を回避し、より高価で複雑なライブフライ構造を採用して、ユーザーが思い通りに漕ぐか止まるかの安全性にも配慮しています。

ライブフライ構造の最大のメリットは安全性で、 デメリットは、立ち乗りでの安定感がないことです。

 

「NEXGIM mg03」はファミリーユーザー向きと位置づけられ、高齢者や青少年も含まれるため、ライブフライの安全性がより活かされることになります。

デッドフライは安全ブレーキが必要ですが、急停止時はまだ体にダメージを与える危険性があります。 フライホイールが重くなればなるほど、そのリスクは大きくなります。

 

上記の三位一体が実現されてこそ、ユーザーを核とした真のスマートフィットネスサイクリング・プロデバイスになれると考えています。

 

(ジュールの概念:仕事、またはエネルギーの単位。)
(カロリーの概念:calorie、熱量の単位で、calと略される。 1気圧の環境下で水1gを1℃上昇させるのに必要な熱量と定義される。 1カロリーは約4.1859ジュールに相当し、一般的に成人は体の機能を維持するために1日に少なくとも1500~2000カロリーのエネルギーが必要とされています。)
(ユーザーの作業量やトルク測定値を利用することで、個々のユーザーの消費カロリーを正確に記録することができます。さらにユーザーの体脂肪や身体兆候、性別、年齢、体重などと合わせて、我々のAI知能が、バイクの出力をいつでも絞って調整します。)

 

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/nexgim/zepan-nexgim2
おすすめの記事
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01S

NEXGIM QB-C01

NEXGIM QB-C01

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01