sports sharing

ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

2022/09/08
ダイエット 誤解 運動

運動は健康なダイエットにおいて必ず通す道と言えるでしょう。しかし運動にはたくさん誤解がそんざいしており、やっておけば返って効果を台無しにすることがあります。それを一緒にチェックしましょう!

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

1.運動は午前中でなければならない? 違う!

朝、太陽が出る前は、空気中の二酸化炭素濃度が高く、朝の運動者は新鮮な酸素を吸うことが困難です。 また、夜間の睡眠後、朝の人体の血液粘度は比較的大きく、流れはスムーズではなく、朝の運動には早すぎるため、心血管疾患を引き起こす可能性が高いです。

適切な時間帯:運動するなら、朝でなくても、涼しい夕方など、自分の習慣や体格に合わせて、自分に適した運動時間を選ぶとよいでしょう。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

2、運動後の水分補給が多い? 違う!

たくさん汗をかいた直後は水分補給が必要だと知っている人は多いと思いますが、水分補給のしすぎになりがちで、これもまた不適切です。 なぜなら、多くの運動の後、体の器官、システムは、残りの部分を取得する必要があり、この時点で水の多くは、消化、血液循環や他のシステム、特に重い負担を増やすために心臓を与えるだろう。

 

運動中は10~15分おきに150~200mlの水を飲むのが正解です。 ただし、胃腸の負担を増やさないために、過度に甘い飲み物は飲まないようにしましょう。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

3.冷たい飲み物を食べて、体を冷やす? 違う!

運動後に冷たい飲み物を食べるのが習慣になっている人もいると思います。 実は、体温が高いときに冷たい飲み物を食べると、胃や腸を傷つけてしまうのです。 これは、運動中は筋肉や体表に多くの血液が流れ込み、消化器官は比較的貧血状態にあるため、冷たい飲み物をたくさん食べると胃の温度が下がるだけでなく、胃液が希釈されてしまい、胃の生理機能が損なわれてしまうからです。

正しいアプローチ:運動後の飲み物は、温かく薄めた塩水が最適です。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

4、大量に汗をかいたら、すぐにシャワーを浴びる? 違う !

いきなり冷たい水を体にかけると、風邪をひいたり、熱が出たりします。 また、シャワーは筋肉をリラックスさせるどころか、より緊張を強めてしまいます。

正しいアプローチ:体の汗が乾くのを待ってから、ぬるま湯でシャワーを浴び、水温は体温より1~2℃高くし、筋肉を十分にリラックスさせることができます。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

5、汗をかいた服は体温で乾かす? 違う!

多くの汗をかいた後、服がすぐに濡れてしまい、多くの人が服を乾かすために自分の体温に頼ろうとして、服を濡らしてしまう傾向があります。 これは非常に有害で、長期的にはリウマチや関節炎などの病気につながる可能性があります。

濡れた服を着替えて、時間内に汗を乾かすのが正解です。 汗の蒸発と放熱を促進するために、アウターウェアの屋外(マイクロブログ)活動は、速乾性の衣類の化学繊維部品を購入するのが最善です行く。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

6、運動後にエアコンの風を当てる? 違う!

高温の運動では、体内の熱産生が速く、皮膚の毛細血管は体温の放散を促進するためにたくさん拡張します。 すぐにエアコンを吹く場合は、身体の表面が突然閉じ、体の内臓機能障害、脳の体温調節の誤動作をもたらし、病気につながる開いている毛穴を作るでしょう。

正しいアプローチ:運動が身体に直接エアコンを開いてはならない後、それは自然の風の冷却を使用するのが最善であり、その後、体温ダウン後にエアコンを開くことができます。

 

 

7、運動強度が高いほど体重が減る? 違う!

体脂肪の減少は、運動の強さではなく、運動の長さに依存します。 というのも、さまざまな運動の始めには、まず体内のブドウ糖が消費され、糖分の消費が終わってから脂肪の消費が始まるからです。 そして、人は激しい運動をした後は大抵疲れてしまい、継続することが難しくなるため、脂肪をあまり消費せず、ダイエットの目的を達成することができないのです。

正しいアプローチ:より多くのカロリーを消費するために、より緩やかで安定した持続的な運動のみ。

 ダイエット必見!運動に関する8つの誤解!

8.運動後すぐに休む? 違う!

激しい運動は、体内で一連の生理的変化を引き起こします。 例えば、心臓の鼓動が早くなり、肺活量が増え、毛づくろい、新陳代謝が活発になる。 しかし、これらの変化は運動の中止によってすぐに消えるわけではありません。 すぐに運動をやめると循環血液量が減少し、運動失神を起こしやすくなります。

正しいアプローチ:運動後のゆっくりした歩行やストレッチなど、適切な仕上げの活動により、体内の変化を調整します。

運動は必ず正しく遂行しておくこと。それがダイエットにも健康にも大事なことです。例えばフィットネスバイクなど膝にダメージのあまりかからないスポーツは良い選択でしょう。

 

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/sports/s278
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01

NEXGIM MG03

NEXGIM MG03

¥57,800 JPY 通常価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク nexgim mg03