sports sharing

筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

2022/07/04
トレーニング 休み 毎日 筋トレ 筋力

筋トレは、長期的な運動であり、長期的には、それが達成または所望の図を維持するために一定の忍耐を必要としますが、毎日と各トレーニングセッションに特定の内訳は、すべての後に、筋肉や体も休息と回復を必要とする、そう絶対する必要はありませんが、残りの部分はまた訓練の一部である。

筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

 

|筋肉の休みはどれぐらい取ればいいでしょうか

筋肉の休息は、小筋群では通常24~48時間、大筋群では通常48~72時間と長めです。したがって、同じ筋肉を毎日トレーニングする必要はなく、同じ大きな筋肉群を週に2回トレーニングすることが望ましいとされています。小さな筋肉群は週3~4回のトレーニングが可能ですが、回復には栄養補給や睡眠など個人差があるため、これは個人差があります。

 筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

ですから、同じ筋肉は1日以上間隔をあけてトレーニングするのがベストです。 有酸素運動は、ランニング、サイクリング、水泳など、週5回以下のトレーニングスケジュールで、より頻繁に行うことができます。筋肉増強や筋力トレーニングは、頻度を少なくする必要があります。結局のところ、それらは身体的に厳しいスポーツであり、身体を回復するための十分な時間が必要なのです。

 

トレーニングの日には、効率的で適切な質の高いトレーニングを行うことが重要です。 軽すぎるトレーニングは、筋肉や体力の成長を促すのに十分ではなく、トレーニングの際には自分に厳しく、虚勢よりも軽快さを優先する必要があります。十分な強度のワークアウト後の休息は、継続的な向上を目的として、身体を過剰に回復させ、以前の自分を超えることができる唯一の意味のある休息です。

生活が良くなるにつれて、多くの人々が健康問題に焦点を当て始め、筋トレは、ほとんどの人々の日常生活となっている、ジムは、運動機器、トレッドミルの様々なを持っています。サイクリング、ダンス、ヨガなどのクラスも大半を占めています。筋トレは毎日実践する必要があるのか、次のようなお話があります。

 筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

多くの人は、「毎日トレーニングを続けないといけない」「1日でも休んだら成果がなくなる」と言うでしょう。実際には、このビューは完全に間違っている、運動の後、私たちの体の大きな筋肉群、回復するために48時間を必要とする、小さな筋肉群の回復時間は短い一日することができます。だから、毎日の筋トレ練習は、身体へのダメージも大きいのです。

 

体の筋肉をきちんと休ませることは、とても大切なことです。トレーニングは1日おきでも、2日おきでも大丈夫です。週3回のジム通いは大丈夫なのか?どのようにトレーニングすればよいのですか?答えはイエス、ジムの年会費カードを持っていても10回しか行かない人がたくさんいます。週3回を守れれば、上出来です。この3つのセッションは、シンプルな方法で計画することができます。

筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

1.大胸筋上腕三頭筋の腰部トレーニング。

例えば、火曜日を一週間の最初のワークアウトと考え、主にこれらに従うとよいでしょう。大胸筋はバーベルベンチプレス、ダンベルベンチプレスを行います。上腕三頭筋には、ローププルダウンやダブルバーアームカールなどがあります。ラッツはカール、ハーフは腹筋がおすすめです。

筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

2.背筋群上腕二頭筋+有酸素運動。

木曜日は週2回目のワークアウトです。それなら、背中の筋肉群がいいんじゃないでしょうか。ハードプルハイプルダウンやフェイスプルなどがおすすめです。背中をしっかり鍛えると、その人全体がスッキリした印象になります。タイトです。上腕二頭筋と上腕三頭筋は、腕のトレーニングの一部です。また、別々に、あるいは一緒にトレーニングすることも可能です。有酸素運動としては、ランニングを選択することができます。サイクリングか水泳か。

筋トレは休みが大事、毎日トレーニングするには頻度高い!

3.肩、腰、脚のトレーニング。

土曜日は肩慣らしの時間です。ダンベルショルダースラストバーベルショルダープレスダンベル・サイドプランクは良いエクササイズです。股関節と脚のトレーニングは、ディープスクワットやリバースヒップスラストで行うことができます。これらのトレーニングをご紹介します。形の良いお尻になりたい人は、大臀筋と脚をより鍛えることができます。

 

筋トレは毎日してはいけないということは、有酸素運動もまた然り。しかしそれ以上に大事なのは、筋トレと有酸素運動と合わせてトレーニングすることです。ジムでも自宅でも外でもいい、有酸素運動を欠かせてはいけません。なぜなら脂肪が減って初めて筋肉の形が見えるのですから。

有酸素運動は筋トレをしている以上筋肉に対するダメージ回復を考慮し、再び体にプレッシャーやダメージがかかりすぎないようなスポーツがいいでしょう。例えばフィットネスバイクなどがおすすめでしょう。

 

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/sports/s190
おすすめの記事
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク nexgim qb-c01S

NEXGIM QB-C01

NEXGIM QB-C01

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01