sports sharing

腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

2022/06/27
トレーニング バーベル 腕トレ

足の筋肉を付けるにはどうすればいいかはおそらくご存知の方が多いでしょうか。普通多く歩いている方とか、ランニングしている方とかは足の筋肉が発達しているでしょう。もちろん腹筋も、多少付け方が理解しているが、腕のトレーニングがちょっとピンとこないこともあります。重い物を上げればいいのかなぐらいでしかイメージがないでしょう。しかし立派な筋肉を付けるにはどんな腕トレが必要でしょう。それを一緒にチェックしましょう!

 腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

良い体は成功の半分である、それはあなたの個人的な魅力を高めることができるだけでなく、さらに自信を持って物事を行う、そして腕は体の顔であり、体の筋肉周りが大きく訓練されている、それだけで服にあまりにも肥大化したようになります、腕が異なっている、強い腕の曲げ、確実にセキュリティの多くを増やすことができます。

 

腕の筋肉は、他の筋肉に比べて鍛えるのが難しくなく、生活の中でよく使う筋肉なので、比較的鍛えやすい部位でもあり、好まれています。しかし、素晴らしい外周と引き締まった腕を作り上げるのは、必ずしも容易なことではありません。

トレーニング:正しい動きを第一に、安定性とスピードをコントロールしながら、筋肉が毛の力を十分に感じられるように上部の収縮をしっかり行い、力がついてきたら度々重量を追加し、常に目標レップ数を8~12回にしてください、結局、筋肉は重い重量の刺激があってこそ成長するのです。

腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

食事:栄養が適時に届けられなければ、筋肉もあまりうまく機能しません。 タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミンを適度に配合し、筋肉を早くつけることができるように、きれいな食事を維持する、科学的な食事が不可欠です。

普段から筋力トレーニングをしている人は、体重1kgあたり2g以上のタンパク質が必要で、炭水化物の摂取量は基礎代謝や日々の運動量から合理的に計算し、成人は1日に体重1kgあたり1gの脂質が必要とされているそうです。

回復:筋肉を最も早く成長させるために、十分な回復時間を与えましょう。頻繁にトレーニングを行うと、筋肉の成長率が上がらないだけでなく、スポーツ障害を引き起こす可能性があり、間隔が長すぎると、筋肉を刺激する効果が得られません。

 腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

 

   上腕三頭筋や上腕二頭筋はもちろん、前腕筋も様々な角度から鍛え、より高い強度に適応させていきます。週に2日連続で、以下の運動を一定の順序で、毎回、丸く囲んで行うことで、腕を鍛えましょう。各セット30秒、各ラウンド90秒の休憩をはさみ、各トレーニングを3ラウンドすべて行ってください。また、これらの筋肉を伸ばすことで、筋肉の発達を促進するホルモンが分泌されやすくなります。

 

トレーニング1:懸垂 懸垂は難しいからと、ついついサボってしまう人も多いのでは?コツをつかんで(バーをバックハンドグリップで)、上へ上へ!1セット8~10回行う。    

トレーニング2:ダブルバー屈伸 両手でバーを掴んで体を起こし、上腕二頭筋が小腕に触れるまで肘で徐々に体を下げ、背筋を伸ばして元に戻すブレース。1セットあたり8~10回を目安に行う。

トレーニング3:バーベルカール 屈曲ベンチに座り、屈曲軸のバーベルを選び、両手は肩よりやや狭くします。1セット10~12回を目安に、1回伸ばすごとに腕を十分に伸ばします。

トレーニング4:ダイヤモンド・プッシュアップトレーニングボールに足を乗せ、両手の親指と薬指を向かい合わせにして、10~12回を1セットとしたプッシュアップトレーニングを行います。   

 腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

重量を加え、腕を強化する2つの動きを加えること。各ウェイトリフティングトレーニングを1セットにつき10~12レップ行う(1週目、2週目とも)。懸垂とダブルバーフレクサーはウェイトベストを着用し、1セット7~9レップ、ダイヤモンドプッシュアップは1セット12~15レップに増やしてみてください。

   我々は小さな腕の筋肉を行使する方法を理解し、上記のコンテンツを通じて、小さな腕は筋肉がよりハンサムで健康的に見える、我々は通常、ほとんどそれが完璧な筋肉の体を一致させるために、もちろん、行使する方が良いので、小さな腕に行使、一般的には腹筋、または上腕二頭筋に基づいています、小腕筋運動は不可欠ですが、唯一のその後より完璧なボディラインを表示することができます。

腕トレはどこから始まりまればいいのか!バーベルのトレーニングポイント!

上記のメニューを従えば、きっと素敵な腕トレができたでしょう。しかし腕もまた単得にトレーニングしていいものではないので、他に有酸素運動や筋トレと合わせて鍛えた方が、体にいいでしょう。例えば有酸素運動も無酸素運動も兼ねてできるフィットネスバイクなどの機材も悪くない選択です。

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/sports/s178
おすすめの記事
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01

NEXGIM MG03

NEXGIM MG03

¥57,800 JPY 通常価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク nexgim mg03