sports sharing

プロテインダイエットの注意ポイント、ここは大事に扱う!

2022/07/08
ダイエット プロテイン 注意

プロテインダイエットは、非常に一般的なダイエット方法です。 主な目的は、プロテインの摂取により体内の組織液濃度のバランスを調整し、通常の食事を満腹感を満たす高たんぱく質食品に置き換えることで炭水化物や脂質の摂取を抑え、減量を実現することです。

しかし、プロテインダイエットは万能ではありません。では、プロテイン減量で特に注意が必要なのはどんなところでしょうか。

プロテインダイエットの注意ポイント、ここは大事に扱う!

まず、重要なのは、以下を遵守すること

高タンパク質ダイエットを実践している人は、短期間でスリムになっていくのがわかります。 これは、空腹感をあまり感じないだけでなく、間食行動も比較的少なくなるからです。

最も重要なことは、永続的にすることです。数週間を主張しないし、放棄する開始、この場合はすぐにああリバウンドの重量になります。

第二に、長期的な実施ではないこと

この方法は5日間続けて2日間休むことができますが、長期間実施するべきではありません。

結局のところ、人々はまだバランスのとれた栄養を必要としています。この方法は「肉食ダイエット」ほど過激ではありませんが、身体への長期的なダウンはまだ影響を与えます。

プロテインダイエットでは、プロテインが優先されるものの、他の栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

特定の食品に特化せず、4大食品群(脂肪、でんぷん、野菜と牛乳、卵、魚、肉、豆)のさまざまな栄養素を毎日、特に野菜と果物、脂肪は適量に食べることが大切です。

また、水は腎臓の代謝に負担をかけずに脂肪を燃焼させることができ、良い触媒となるため、1日に少なくともグラス8~10杯の水を飲むようにしましょう。 もちろん、ダイエットには運動が欠かせません。 毎日、適度な有酸素運動をすることで、代謝率を上げることができます。

プロテインダイエットの注意ポイント、ここは大事に扱う!

 

 |良質な食品を選ぶ

ダイエットのためのプロテインといえば、プロテインの「量」も必要ですが、それ以上に「質」が重要です。 つまり、タンパク質は多ければいいというものではなく、多ければいいのです。

いわゆる高品質なプロテインは、少なくとも2つの条件を備えていなければならない。第1に、アミノ酸を完全に、特に8種類の必須アミノ酸のいずれかを含んでいること、第2に、アミノ酸の比率がバランスよく、人体の生理的欲求に近く、人体の吸収・利用率が高いことである。

このことから、赤身の肉、魚、鶏肉、卵などの動物性食品は良質なタンパク質に属し、逆に植物性食品は多かれ少なかれ不良品であることがわかります。 例えば、豆類タンパク質はメチオニンを、米タンパク質はリジンを、ピーナッツタンパク質はイソロイシンを欠いており、いずれも「不完全プロテイン」と呼ばれ、動物性食品に比べて吸収率や利用率が低くなっています。 したがって、動物性タンパク質食品は最も優れており、優先的に摂取すべきものです。

プロテインダイエットの注意ポイント、ここは大事に扱う!

 

|毎食、プロテイン食品を1つだけ食べる

かつては、卵+牛乳、牛肉+豚レバー、豆腐+カルビなど、食事の際に複数のプロテイン食品を同時に食べることで、含まれるアミノ酸が補完的な役割を果たし、栄養価や痩身効果を高めると考えられていました。

しかし、プロテインによって消化に必要な時間や消化液が異なり、1回の食事で2種類以上のプロテインを効率よく消化することは難しいため、これは不適切であることが後に判明しました。

プロテインは他の栄養素に比べて消化されにくいため、上記のような良質なプロテイン食品を毎食1つ選ぶとよいでしょう。"肉があるときに豆腐はダメ "という民間のことわざは、科学的に正しいのです。

 

確かにプロテインダイエットは短期間で体重を落とせますが、大学教授によると、この方法は体の細胞に遺伝的ダメージを与える可能性があるとのことです。 したがって、この方法を慎重に検討し、医療従事者や資格のある栄養士に相談することが重要です。 実は、この方法の科学的な妥当性については、まだ議論の余地がある。

 毎食、タンパク質食品を1つだけ食べる

もちろん、プロテインダイエットは運動とセットで行う必要があります。 有酸素運動がいい。 どうしても外に出て運動したくないという方は、自宅でできるフィットネスバイクも検討してみてはいかがでしょうか。 フィットネスバイクの利点は、天候に左右されず、時間を気にせずトレーニングできることです。

フィットネスバイクは、より静かで、美しいデザインで、場所もとりません。 また、ロードサイクリングよりも安定した速度制御が可能で、歩行者の影響を受けず、有酸素運動効果も高い。 怪我をしにくく、膝へのダメージも少ない。

 

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/sports/s211
おすすめの記事
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク nexgim qb-c01S

NEXGIM QB-C01

NEXGIM QB-C01

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01