sports sharing

フィットネスバイクの使用中に陥りやすい盲点

2022/09/30
フィットネス フィットネスバイク

フィットネスバイクは現在有酸素運動においてよく見かけるトレーニング器具の一つですが。よく普通にサイクリングのように漕げばいいんじゃないかと考えされがちではないでしょうか。しかし実はフィットネスバイクを使うと中かなり使用盲点が生じやすく、ダイエット効果のために、一緒にチェックしましょう。

フィットネスバイクの使用中に陥りやすい盲点

|フィットネスバイクの使用中に陥りやすい盲点

盲点1:姿勢

間違ったライディング姿勢は、運動効果に負の影響を与えるだけでなく、体に害や損傷を与えやすくなります。たとえば、足を外側に曲げたり、腰を丸めにしたりするのは正しくありません。

正しい姿勢は:少し前傾し、腕をまっすぐ伸ばし、腹部を締めつけて腹式呼吸法を採用し、足を車のビームと平行に保ち、膝と腰を協調させることです。また、ライディングリズムにも注意を払うことです。

フィットネスバイクの使用中に陥りやすい盲点

盲点2:アクション

ほとんどの人は、いわゆるペダリングは足で踏みつけてホイールを回すことだと考えています。実際、正しいペダリングには、踏む、引く、持ち上げる、押すという4つの連続したアクションが含まれているものです。

まずは足の裏で下へ踏みつけ、次に脛を後ろに引き戻し、また上へと持ち上げて、最後に前へと押していきます。これでペダリングの1カウントが完成します。このようなペダリングは、体力を節約するだけでなく、スピードを上げることもできます。

フィットネスバイクの使用中に陥りやすい盲点

盲点3:スピード

多くの若者は速い乗り心地を好むため、運動中ではスピードと強さだけを追求しがちです。実は、これは体に大きな害を及ぼし、深刻な場合は膝の水溜りを引き起こしてしまいます。

運動の量、頻度、強度は、運動の3つの要素です。初心者は、自分に適した頻度を見いだしてからまた運動量を増やすことをお勧めします。普通の人は1分間に約60〜80回のペダル頻度です。

毎回のフィットネスには、体が軽く汗をかくほどの高頻度低速(つまり、より多くのペダリング回数でより低い強度)で最短20分のウォームアップが必要です。

当記事のウェブサイト:https://nexgim.zepan.jp/blogs/sports/s308
動画のおすすめ
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
自己テスト可能!簡単に始められるフィットネスバイク、ダイエットの要に!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
いつでも始めるフィットネスバイク、一日の始まりはダイエット運動から!
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
フィットネスバイクでたくさんのライダーと競い合える!ダイエットは二度と退屈させない
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
脂肪燃焼の気楽体験!いつても始められる静音フィットネスバイクでトレーニングします!
NEXGIM QB-C01S

NEXGIM QB-C01S

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク nexgim qb-c01S

NEXGIM QB-C01

NEXGIM QB-C01

¥61,000 JPY 通常価格 ¥72,880 JPY セール価格
translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

フィットネスバイク AI nexgim qb-c01